ライフジャケット釣具アクアビーチ本店

FAX注文

2023.1CALENDAR

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
TODAY
定休日
午前中発送(10時まで受付分)

2023.2CALENDAR

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
定休日
午前中発送(10時まで受付分)


アクアビーチ公式ツイッター
アクアビーチ公式インスタグラム
乗船する小型船舶の種類とライフジャケットのタイプについて
平成30年2月1日からすべての小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用が義務化されました。
小型船舶の船室外の甲板上では原則すべての乗船者にライフジャケットを着用させることが船長の義務になります。

ライフジャケットには、水中で浮き上がる力が7.5kg以上あること、顔を水面上に維持できることなどの様々な安全基準が定められています。 国土交通省が試験を行って安全基準への適合を認定したライフジャケットには、 桜マーク(検定の合格印)がついています。


乗船する船舶の条件に合ったライフジャケットを着用する必要がありますのでご購入の際は特にタイプをご確認ください。
タイプAはすべての小型船舶に乗船が可能です。タイプA以外は条件が限定されます。

ライフジャケット推奨表

◆着用義務がある小型船舶の種類・・・

着用義務がある小型船舶の種類には、
①遊漁船(釣り船)・プレジャーボート〔全ての航行区域/限定沿海区域・沿岸区域又は平水区域〕
②エンジン付きの ゴムボート・バスボート・アルミボート〔限定沿海区域・沿岸区域又は平水区域〕

③渡船(磯等渡し)
があります。

◆タイプAは上記全ての小型船舶に対応しています◎

◆タイプDは②、③ に対応
①の場合・・・旅客定員が12名を越えない船舶かつ航行区域が限定沿海区域・沿岸区域又は平水区域の場合は着用義務に対応します。


◆タイプFは③に対応
②の場合・・・不沈性能、緊急エンジン停止スイッチ及び音響信号器具(笛、ホーン等)を有しており、航行区域が限定沿海区域・沿岸区域又は平水区域の場合は、着用義務に対応します。


◆タイプG
②の場合・・・不沈性能、緊急エンジン停止スイッチ及び音響信号器具(笛、ホーン等)を有しており、航行区域が平水区域の場合は着用義務に対応します。
③の場合・・・着用義務違反にはなりませんが、渡船(磯等渡し)を利用する場合は浮力7.5kg以上のライフジャケットを推奨します。


◆レジャー用ライフジャケット(固型式) 大人用 L1 は③に対応

◆レジャー用ライフジャケット(固型式)大人用 L2 は③に対応

◆レジャー用ライフジャケット(固型式)大人用 L3 

③の場合・・・着用義務違反にはなりませんが、渡船(磯等渡し)を利用する場合は浮力7.5kg以上のライフジャケットを推奨します。

◆レジャー用ライフジャケット(固型式) こども用 LC1、LC2は着用義務に非対応となります。

また、「ミニボート(手漕ぎボート含む)全長3m未満、出力1.5kw(2.03馬力)未満の船舶」は着用義務はありませんが、上記ライフジャケットの着用が推奨されています。

その他の場所
磯、防波堤、筏・カセ、海釣り施設(釣り公園・海上釣り堀など)、サーフ・河口域、淡水での岸釣り でもライフジャケットの着用が推奨されています。

 
出典:国土交通省ウェブサイト (https://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_fr6_000018.html)



【ライフジャケットの種類】

膨張式
膨張式には自動膨張式と手動膨張式の2タイプのライフジャケットがあります。

●自動膨張式
 水に落ちた時(落水時)に、膨張装置が感知・作動して自動で膨らみます。

●手動膨張式
 落水後に着用している方自身で、紐を引っ張って膨張させます。
 自動膨張装置が付いていないため、膨張させるためには必ず膨張させるための紐を手で引っ張る必要があります。
 ※予期せぬ事故などでの落水、また落水後に意識を失うといった想定でのご使用、または泳ぎが不得意な方には自動膨張式をおすすめします。
●膨脹式ライフジャケットにはサスペンダータイプ(肩掛け)、ウエストベルトタイプ(腰巻)、ポーチ式があります。
 いずれもコンパクトで動きやすいためオフショアフィッシングで着用される方が多いライフジャケットです。


固型式
 ジャケットの中に発泡ポリエチレン等の浮力材が入っています。
 大小さまざまなポケット、プライヤーホルダー、など機能性に富んだベストが多いのが特徴です。
 磯釣りや防波堤などでのショアフィッシングに向いています。



【ライフジャケットのタイプ】
 
ライフジャケットには
◎船舶用に、国土交通省が試験を行って安全基準への適合が確認された型式承認品である
 国土交通省承認品 桜マーク付きのライフジャケット

◎レジャー用に、JCI(日本小型船舶検査機構)が、性能基準をもとに鑑定を行った
 性能鑑定適合品であるCSマーク付きのライフジャケット

◎国交省承認品ではなく、JCI(日本小型船舶検査機構)の船舶検査には使用できないライフジャケット

があります。
 

『小型船舶に乗る時にはタイプA!』

ライフジャケットのタイプには
国土交通省型式承認品ライフジャケット 桜マーク付き
タイプA、タイプD、タイプF、タイプG 4種類

日本小型船舶検査機構 性能鑑定適合品 CSマーク付き
レジャー用ライフジャケット(固型式)大人用 L1、L2、L3 の3種類
レジャー用ライフジャケット(固型式)子ども用 LC1、LC2 の2種類

合計9種類があります。

中でも桜マーク付き タイプA のライフジャケットは
着用が義務付けられている全ての小型船舶に対応しています。



【タイプ別詳細 ―浮力と特徴― 】

タイプA桜マーク付き
●浮力
大人用:7.5kg以上
小児用(1~12歳未満):体重40kg以上=7.5kg以上、体重15kg以上40kg未満=5kg以上、体重15kg未満=4kg以上
●特徴
色の指定あり:黄色やオレンジ色など発見されやすい色
サーチライトを反射する反射材付き
笛(ホイッスル)あり


タイプD桜マーク付き
●浮力
大人用:7.5kg以上
小児用(1~12歳未満):体重40kg以上=7.5kg以上、体重15kg以上40kg未満=5kg以上、体重15kg未満=4kg以上
●特徴
色の指定なし:黄色やオレンジに限らず自由な色
サーチライトを反射する反射材付き
笛(ホイッスル)あり


タイプF桜マーク付き
●浮力
大人用:7.5kg以上
小児用(1~12歳未満):体重40kg以上=7.5kg以上、体重15kg以上40kg未満=5kg以上、体重15kg未満=4kg以上
●特徴
色の指定なし:黄色やオレンジに限らず自由な色
反射材 指定無し
笛(ホイッスル) 指定無し


タイプG桜マーク付き
●浮力
大人用:5.85kg以上
※タイプGには小児用はありません。
●特徴
小型船舶用浮力補助具で泳ぎを補助する程度の浮力です。
色の指定なし:黄色やオレンジに限らず自由な色
反射材 指定無し
笛(ホイッスル) 指定無し


レジャー用ライフジャケット(固型式) 大人用 L1 CSマーク付き
●浮力 11.7kg以上

レジャー用ライフジャケット(固型式) 大人用 L2 CSマーク付き
●浮力 7.5kg以上

レジャー用ライフジャケット(固型式) 大人用 L3 CSマーク付き
●浮力 5.85kg以上

レジャー用ライフジャケット(固型式) 子ども用 LC1 CSマーク付き
●浮力 5kg以上
●対象者 体重15kg以上40kg未満


レジャー用ライフジャケット(固型式) 子ども用 LC2 CSマーク付き
●浮力 4kg以上
●体重15kg未満

※子ども用は体重を目安にお選びいただき、40kg以上の場合は大人用から体格にあったものをお選びください。

当店でのライフジャケットの商品名について・・・
当店ではお買い求めの際にお客様が探しやすいようにライフジャケットの商品名にタイプを記入しています。
タイプAのライフジャケットの場合、商品名の最後に、
「国交省認定品 タイプA 検定品 桜マーク付」と記入しています。

 

出典:国土交通省ウェブサイト (https://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_fr6_000018.html)